「知られざるキリシタン王国、光と影。」 第6有馬氏の失脚、キリシタン弾圧

第6話について

龍造寺氏への勝利、そして秀吉の九州平定以降、有馬晴信は安定を得て栄華を極めました。しかし江戸時代のはじめにポルトガル船との間で事件が発生し、イエズス会との関係が悪化してしまいます。これに加えて幕府の役人による詐欺にあい、晴信は甲斐の国へと流され死罪を申し付けられました。

その後、島原半島は松倉重政によって治められることになります。重政は日野江城に代わる島原城の築城を開始し、領民に多大な税と労働を課しました。ここに幕府からの命であるキリシタン弾圧も加わり、後の悲劇を引き起こすことになるのです。